2021年11月21日

mind の使い方:I don't mind telling you って?


皆さん、こんにちは。

今日は I don't mind telling you という表現について考えてみようと思います。


● ふつう I don't mind doing と言うと?

皆さんは mind という動詞が「いやだと思う」とか「かまう」という意味で使われることをご存知ですよね。

ですから I don't mind doing と言うと、ふつう「…してもかまわない」という意味になりますよね。

そこで、この使い方を振り返るために、ドラマから1つの会話を聞いてみましょう。

お聞きいただくのは『ダラス』(原題:Dallas)というアメリカのテレビドラマからの会話になります。(シーズン2 第3話)

315 family Dallas 2-3.jpg

夜、夕食の時間に家族が居間に集まっているのですが、息子の一人ボビー(Bobby)がまだ帰宅していません。

では聞いてみましょう。


いかがでしたか?

英語が速いので、聞き取りにくいところもあったかもしれませんが、こんな会話でしたね。

父親のジョック(Jock)が

315 Jock Dallas 2-3.jpg

Bobby not home? Well, that's funny.
(ボビーは帰ってないって? えっ、おかしいな)

と言うと、ボビーの妻のパメラ(Pamela)は

315 Pamela Dallas 2-3.jpg

I'm sure he'd understand if we started without him.
(私たちだけで夕食を始めても、きっと大丈夫よ)

と答えます。

すると、ボビーの兄嫁のスー・エレン(Sue Ellen)が

315 Sue Ellen Dallas 2-3.jpg

Well, we don't mind waiting, Pamela.
(でも、待つのはかまわないわ、パメラ)

と言っていましたね。

(注)Bobby not home?Bobby is not home? のことです。会話文の省略については、拙ブログのこちらの記事を参考にしてください。また、ここの funny は「おもしろい, こっけいな」ではなく、「奇妙な, 不思議な」という意味です。

この会話の最後の

We don't mind waiting.

ですが、この文の don't mind doing は「…してもかまわない」という意味で使われていますよね。

I don't mind doing の意味
…してもかまわない


● では、今日のお題は?

さて、それでは同じく『ダラス』というテレビドラマから、もう1つ別の文を聞いてみましょう。(シーズン2 第3話)

メイナード(Maynard)という人物が、レストランで妻のメリッサ(Melissa)について述べている文です。

315 Maynard Dallas 2-3.jpg


いかがでしたか? お聞き取りになれましたでしょうか?

レストランでのシーンのため、周りがざわついていて、少し聞き取りにくかったかもしれませんね。

彼は

You know, I don't mind telling you that Melissa is really on my back.

と言っていました。

このメイナードのセンテンスで I don't mind telling you that を除けば

ところでね、メリッサが本当に私を悩ませているんだよ

という意味になりますよね。

(注)on sb's back は「…を悩まして, …に(がみがみ)うるさくして」という意味のイディオムですが、メイナードが妻のメリッサにうるさくされているのは、彼が浮気をしているからなのですね。ちょっと身勝手な言い草ですね。

それでは、I don't mind telling you that… はどう訳せばよいのでしょうか?

私はあなたに…だと言ってもかまわない

では変ですね。

I don't mind telling you… は、何か特別な意味を表す慣用表現のようですね。

では、辞書を調べてみましょう。


● 英和辞典を調べるのですが…

まずは英和辞典と思って、「ジーニアス英和」(大修館)、「ルミナス英和」(研究社)、「プログレッシブ英和中辞典」(小学館)を引いてみるのですが、I don't mind telling you という表現は見つかりません。

筆者の手元にある辞書で、唯一載っているのが「リーダーズ英和」ですが、

I don't mind telling you…
…と言っていいね, 言わせてもらうが…だね

と記載されています。

うーん、皆さん、いかがでしょうか?

この訳で

You know, I don't mind telling you that Melissa is really on my back.
(ところでね、メリッサが本当に私を悩ませているんだよ)

という文に合いますでしょうか?

先ほどの「…してもかまわない」と比べると、少しよいようにも感じますが、まだしっくりきませんね。


● 最後の手段、英英辞典を見てみよう

それではやっぱり英英辞典かとなるわけですね。

そこで、6つの英英辞典を調べてみましたら、このうち4つの辞書に説明が載っていました。

なかでも、「Longman Dictionary of Contemporary English」(日本語版)は

I don't mind telling youI don't mind admitting / saying etc. とも)という見出しで

自分がかっこ悪く見えそうな事柄などについて述べる場合に用いて、「正直言って…だ」「悔しいけどほんとに…だ」などを意味する

と説明していて、例文として

I don't mind telling you I was really scared.
(正直言って、すっごく怖かった)

という文を挙げています。

(注)英語版の説明は、used to emphasize what you are saying, especially when it could make you seem silly となっています。

また、「Oxford Advanced Learner's Dictionary」にも

​used to emphasize what you are saying, especially when you are talking about something that may be embarrassing for you

(言っていることを強調する表現で、特に自分にとって恥ずかしいようなことについて述べるときに用いる:拙訳)

という同様の説明があります。

そうすると

I don't mind telling you というのは、

自分にとって、何かばかなsilly)ことや恥ずかしいembarrassing)ことについて、かまわずdon't mind)に言うと

という意味だとわかりますね。

そこで今日のお題の文に戻りますと、メイナードの

You know, I don't mind telling you that Melissa is really on my back.

という文は

ところでね、(恥ずかしいけど)正直に言うと、メリッサが本当に私を悩ませているんだよ

という意味だとわかります。

(注)この会話で、メイナードの聞き手は、彼の浮気のことを知っています。また、I don't mind telling you という表現を使っているところを見ると、彼自身、浮気はよくないと感じているようですね。(笑)

I don't mind telling you [admitting, saying]
(自分がかっこ悪く見えそうな事柄などについて述べる場合に用いて)正直言って…だ, 悔しいけど [恥ずかしいけど] ほんとうに…だ


● 考えてみよう!

では今度は、皆さんにお題を出したいと思います。

次の英語の意味を考えてみましょう。

1.I was shocked by the news, I don't mind telling you!

2.I don't mind admitting that I was very disappointed by her decision.

いかがでしょうか?

簡単でしたよね。

参考までに日本語訳を載せておきますね。

1.そのニュースはショックだったよ、正直なところ

2.正直に言って、彼女の決定にはとてもがっかりしたよ

(注)上の2つの英文は「Merriam-Webster's Learner's Dictionary」からお借りしました。ここに記して謝意を表します。(日本語訳は筆者)


● エピローグ

今日は、mind という動詞が「いやだと思う, かまう」という意味で使われているフレーズで、皆さんにとってあまりなじみがないと思われる I don't mind telling you [admitting, saying] という表現を取り上げてみました。

このほかにも mind(いやだと思う, かまう)を用いたフレーズで、会話でよく使われる表現として

・Do you mind sb('s) doing [if sb does]?=Would you mind sb('s) doing [if sb did]? …してもかまいませんか

・if you don't mind もしよろしければ, 差し支えなければ

・if you don't mind my [me] saying so こう言ってはなんだが [言ってよければ]

などがありますので、よろしければ時間があるときに、辞書で使い方や例文を確認してみてくださいね。

では、また。

いやぁー英語って本当に面白いですね!




posted by Mr.スポック at 13:47| Comment(0) | 英語探検記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください